読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手首の不調は首が原因かも… 腱鞘炎や手根管症候群は? その理由とは 

手にチカラが入らなかったり指に痛みやシビレが出たことはありますか??

パソコン作業やデスクワークでの姿勢により手首に症状がでて、指先に違和感を感じる方は多いです。

 

 

指を動かしたり手首を曲げ伸ばしした際に症状が増すことがあります。例えば腱鞘炎は手首にある鞘(さや)のような包みが腫れて手首やひじを動かすと痛みや腫れが生じます。

 

またその包みの中を通っている腱(けん)は筋肉の延長部分で骨とのつなぎ役です。その腱自体も炎症を起こすことがあり、指や肘にまで影響が出ることがあります。

 

そしてその原因は以下に分類されます

 

使い過ぎ、疲労

パソコン作業、執筆活動、塗装職人、手作業等の反復活動

 

怪我、スポーツ、衝撃

交通事故、転倒時に手をつく、野球、テニス、ボクシング、コンタクトスポーツ等

 

姿勢、習慣

寝そべり肘をついてテレビをみる、重いものを持つ、スマートフォン操作時の姿勢

 

さらにもうひとつ起こりうる原因は◆首や肩の問題】です。問題と書きましたが必ずしも“症状”ではありません。

 

手首には問題が無くて、首に問題がある場合もあります。

 

【手首が痛いのに首だけに問題アリ??】

指・手首の動きや感覚(熱い・冷たい等)をコントロールする神経は首の所を通って脳につながっています。途中の通り道にはヒジや肩、鎖骨の近くを通って首へとつながり、脳への信号の送受信を行います。

 

例えるならガーデニング、家庭菜園用に蛇口からホースを使って水やりを行う際に水道とホースの繋ぎ目や途中のホースにネジレや穴があると水が正しく行き渡りません。その結果として野菜の生育不良草花が枯れるという【症状】が現れます。

 

脳=水道 神経=ホース 草木=手足

 

その信号の送受信の通過ポイントである首に問題があれば、末端である手や手首に影響を与えることもあるのです。当院では手のチェックを行うと同時に首の検査もしっかりと行います。

 

また手足に問題が確認できた場合は四肢認定カイロドクター(C.C.E.P.)である院長が背骨(神経)と手足を同時に治療することで治癒スピードを早めます。腱鞘炎や手根管症候群で悩んでいる方は首の下のところに問題を併発していることもあります。

 

ゴルフ、テニス、コンタクトスポーツ、手芸、パソコン作業に手や指に違和感を感じている方、そして違和感を感じる前にチェックをご希望の方はご連絡ください。

 

「ブログをみて…」とお気軽にお問い合わせください。

=============================
【恵比寿で唯一のカイロドクター】 Dr. ヨシダ カイロプラクティック

TEL:03-6452-4188
ご予約は「ホームページを見て…」とご連絡下さい。
電話受付:月曜・水曜・金曜10時~19時 火曜・土曜10時~16時

<完全予約制 新規は1日に3名限定>
ご質問・ご不明な点がありましたらお気軽にお問合せ下さい。
ホームページからのご予約は24時間ご利用いただけます。
ご予約はコチラ

〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-9-2 A.I ビル301
恵比寿駅西口ロータリー徒歩1分
ビッグエコーファミリーマートの向かいのビルです

公式サイト: http://doctor-yoshida.com/
フェイスブックページ:https://www.facebook.com/docyoshida/
口コミサイトエキテン:http://www.ekiten.jp/shop_7136567/